TOPページ > サービスマーク制度

サービスマーク制度

このページを印刷

サービスマーク制度について

医療関連サービスマークとは、(一財)医療関連サービス振興会(以下、「振興会」という。)が、認定する第三者評価の制度です。医療法では、病院や診療所等が患者の入院などに著しい影響を与える業務を8業種に分類し、その8業種を外部に委託する際には、「基準に適合するものに委託しなければならない」と定めており、病院の清掃もそのうちの1つとして規定されています。
医療関連サービスマークを取得するためには、医療法を含む関係法令が定めている基準よりさらに厳しい内容の条件を満たさなければなりません。なお、業務委託に関する医療関係法令は以下のとおりとなっております。
<<業務委託に関する医療関係法令>>

医療関連サービスマーク制度と認定

医療関連サービスマーク制度では、会社としての業務の実施体制や用具の整備、受託責任者や従事者の配置などについて書面で確認するとともに、実際に業務を行っている事業所と病院に調査員が赴き、書面通りの体制が整えられているかについて確認・調査を行っています。 また、認定期間は3年間(初回認定の場合は2年間)とされており、認定をうけた事業者は常にサービスの提供体制を整えておく必要があります。

業務の実施体制として整備するもの(主な内容)

  • 用具の設備
  • 受託責任者の配置(1病院につき1名常駐)
  • 病院清掃受託責任者講習(指定講習会)の受講
  • 社内従事者研修の実施
  • 業務案内書の作成
  • 標準作業書(作業マニュアル)の作成
  • その他業務関係帳票類の整備
  • 賠償責任保険への加入

など

申請書類として準備するもの(主なもの)

  • 事業概要書、組織概要書などの振興会指定の申請様式
  • 決算書(原則として3カ年分)
  • 登記簿謄本(原本)
  • 業務案内書
  • 標準作業書
  • 受託責任者に係る指定講習会の修了証(写)

など

提出書類や調査内容は、振興会ホームページにて公開されています
詳細がお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。

ページトップへ戻る

医療関連サービスマーク認定事業者の活用

医療関係法令の中では、外務委託する際には、病院が責任をもって基準に適合した業者を選定しなければならないとされています。医療関係法令で定められている基準をみたしているかについては多くの確認事項があるため、サービスマークの認定事業者であるかを目安にして業者を選定することをお薦めします。 認定事業者は、振興会ホームページで都道府県別に検索することができます。ご活用ください。

ページトップへ戻る

病院における清掃業務の外部委託について

医療関連サービスマークは、良質なサービスを提供できることの目安となりますが、継続して適切なサービスを提供するためには、病院側のご協力も必須条件となります。 業務を委託に際して、委託先と事前によくお打ち合わせいただくことは当然のことですが、清掃という業務の性質上、業務発注後も定期的にミーティングを行うなど業務の調整が必要となります。業者を選定する際には、このようなミーティングの実施や業務に関する提案ができるかなども含めてご検討ください。

ページトップへ戻る

その他、医療関連サービスマーク制度の詳細については、振興会ホームページにてご確認ください。

一般財団法人 医療関連サービス振興会
http://www.ikss.net/
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-11-11第2フナトビル3F
TEL 03-3238-1861
FAX 03-3238-1865

ページトップへ戻る